奈良市小西町の泌尿器科ならたに泌尿器科クリニックへ。当院は近鉄「奈良」駅4番・6番出口・バス停より、小西さくら通りを南へ徒歩1分

尿が赤い、茶色っぽい(血尿)、血の塊が出る

  • HOME »
  • 尿が赤い、茶色っぽい(血尿)、血の塊が出る

尿が赤い、茶色っぽい(血尿)、血の塊が出る

尿に血が混じる血尿は、腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかから出血していることを示すサインです。出血の程度により下図に示すように色調が変化します。目で見て判断できる肉眼的血尿は、膀胱がんなど重要な病気の可能性もあるので、早々に泌尿器科を受診しましょう。また、健診などで指摘される尿潜血(顕微鏡的血尿)も頻度は少ないですが、がんや結石などの疾患が潜んでいることもありますので、一度精密検査をお勧めします。

血尿スケール

血尿スケール

【血尿の原因】

悪性腫瘍:

腎細胞がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がんなど

尿路結石症:

腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石

尿路感染症:

腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎

その他

腎動静脈奇形、腎動静脈の走行異常、特発性腎出血、外傷、運動性血尿、内科的要因(腎炎、IgA腎症)など

【検査】

検尿:

実際に血尿があるか、また、血尿の程度を調べます。

尿細胞診:

尿中にがん細胞がないかを調べます。

超音波検査:

腎臓、膀胱、前立腺などを調べます。

血液検査:

必要に応じて採血をおこないます。

内視鏡検査:

膀胱がんが疑われる場合、また、出血の部位を見きわめるため、尿道から膀胱内に内視鏡を挿入し、観察します。

レントゲン検査:

尿路結石症が疑われる場合に腎臓から膀胱の範囲を撮影します。

CT、MRI検査:

さらに精査が必要な場合におこないます。

【治療】

悪性腫瘍:

手術、抗がん剤、放射線治療など

尿路結石症:

手術、内服治療(鎮痛剤、排石促進薬など)

尿路感染症:

抗生物質(内服または点滴)

その他

腎動静脈奇形、特発性腎出血:対症療法(止血剤)など

外傷:保存的治療、手術
運動性血尿:経過観察
腎炎、IgA腎症:内科的治療

クリニック情報

診療時間 Time Table

診療時間
9:00~13:00
14:00~16:00
16:00~19:00

○…土曜は9:00~12:00
◎…手術

休診日 木曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒630-8226
奈良市小西町25-1 奈良テラス2F

近鉄「奈良」駅
4番・6番出口・バス停より
小西さくら通りを南へ
徒歩1分

提携駐車場

柴田駐車場
こちらの駐車券を受付までお持ちください。
1時間無料券をお渡しいたします。

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:0742-20-6800

初めて受診される方に

特集ページ

〒630-8226
奈良市小西町25-1 奈良テラス2F

近鉄「奈良」駅
4番・6番出口・バス停より
小西さくら通りを南へ徒歩1分

PAGETOP
Copyright © 2018 たに泌尿器科クリニック All Rights Reserved.